ダミー

石造物のマップ用ピンアイコン

みなさんの普段通る道に、お地蔵さまや古い道標などの石造物はありませんか?
実はあるけど、普段気にしていないから目に入らないだけかも知れません。
そんな街角の石造物を調査している団体やグループがあります。
この度、ご依頼を請けて石造物の位置をマップ上にマーキングするピンアイコンを制作しました。
石仏情報学会

石造物アイコン

石造物アイコンがオープンデータで公開されました!

Code for History さんによってオープンデータで公開されています。必要な方はルールに則ってご利用ください。

https://github.com/code4history/IconForStoneAssets

利用例1:令和館林石造物悉皆調査

館林には50年前の有志によって調査された、市内石造物の準悉皆調査があります。石造物の種別、年代、サイズなどだけでなく、刻銘なども判読された貴重なデータなのですが、反面、写真や正確な位置などはなく、現況との突合せは不可能な状況です。加えて、デジタル化もされておらず、統計/集計操作などもできない状況です。このまま現況との突き合わせがなされず、さらに将来になって突き合わせが困難になれば、せっかくの調査が死に体のデータとなってしまいます。そのため現況とのつきあわせ調査を行い、それをオープンデータ化するためのプロジェクトを始めました。

https://code4history.dev/TatebayashiStones/

利用例2:奈良地蔵プロジェクト

奈良市の道端の地蔵堂や小祠、石仏などをオープンデータ化するプロジェクトです。奈良市では、街角の小さな祠や石仏ですら、1300年、700年といった歴史を持ち、さらに マンションの土台にすら、地蔵の置き場が設計の上組み込まれるほど、現代にまで信仰が根付いています。都会のコンビニ以上の密度で存在する、小さく身近な信仰の場にあふれているのですが、残念ながら奈良市民には身近すぎるためかその魅力に気付いておらず、平城宮や世界遺産は宣伝しても、こういった身近な魅力を宣伝したり、外国人に説明しアピールしたり活動はありません。そこで、奈良市の祠、石仏をリストアップして紹介し、誰もが使えるオープンデータとして提供することで、新たな教育や街づくり、観光ビジネスの可能性に繋がると考え、2016年活動を開始しました。

https://code4history.dev/JizoProject/

インストールして月日がたったWordPressをメンテナンスしようとしたとき、このプラグイン何?誰が入れたの?前から入ってた?私は入れてないけど…なんてことにならないように、プリグインリストは必ず作るようにしています。

一方、レンタルサーバー各社は、「簡単インストール」「クイックインストール」などの呼称で、誰でも簡単にWordPressのインストールができるツールを準備しています。最近ではデータベースを触らなくても自動的にWordPress用にテーブルを作ってくれたりして、インストールのハードルがますます下がっていますね。それに伴い、自動的インストールされるプラグインもあります。そこで、サーバー会社のツールを使ってWordPressをインストールしたときに、自動的に入るプラグインの一覧を作りました。WordPress

さくらインターネット(調査時期:2022年8月)

  • Akismet Anti-Spam (アンチスパム)
  • All In One WP Security
  • Autoptimize
  • Classic Editor
  • Disable Google Fonts
  • Hello Dolly
  • ImageMagick エンジン
  • Protect Uploads
  • TS Webfonts for SAKURA RS
  • WP Multibyte Patch
  • WP Super Cache

けっこういろんなプラグインが入りますね。
TS Webfonts for SAKURA RSは、モリサワ社のWebフォントが使えるサービスです。さくらインターネット社がモリサワ社と契約をしていて、さくらインターネットユーザーがモリサワフォントを使えます。

GMO―ロリポップ、ヘテムル(調査時期:2022年6月)

  • Akismet Anti-Spam (アンチスパム)
  • Hello Dolly
  • WP Multibyte Patch
  • Site Kit by Google
  • SiteGuard WP Plugin

必要そうなプラグインがいい感じで選択されていますね。

X-server(調査時期:2022年10月)

  • Akismet Anti-Spam (アンチスパム)
  • Hello Dolly
  • TypeSquare Webfonts for エックスサーバー

シンプルです。余計なプラグインは何も入らないようです。
TypeSquare Webfonts for エックスサーバーは、モリサワ社のWebフォントが使えるサービスです。X-server社がモリサワ社と契約をしていて、X-serverユーザーがモリサワフォントを使えます。

まとめ

クイックインストール/簡単インストール などのツールを使ってWordPressをインストールしたときは、まずどんなプラグインが自動的にインストールされているかを確認し、そのサイトに不要であれば削除してから、必要なプラグインをインストールしましょう。

cssの@importの廃止が近づき、やっと@useに移行しようと考えてる方も多いでしょう。ここではVSCodeの拡張機能で多くの人に使われているLive Sass Compilerを使ってコンパイルします。難しいことは他のサイトに任せて、まずはごく簡単な_test.scssというscssを作ってテストしてみましょう。

.hoge{
  .red{
    color: #F00;
  }
}

これをstyle.scssに@useで読み込んでみます。@useではパーシャルscssのファイル名の「_」と、拡張子を省略します。
なので、style.scssはこんな感じです。

@use 'test';

そして保存すると、自動的にjsonで設定しておいたフォルダにstyle.cssが書き出されている…はず。

Success

「Success」も出てますよね。
確かにstyle.cssが出力されています。
早速、style.cssの内容をみてみましょう。

@use 'test';

え?ナニコレ?コンパイルされてない。こんなシンプルなscssが!?
Successって出てたのに、どうして…?
@importならコンパイルできていたのに。
調べたところ、そのPCに古いバージョンのLive Sass Compilerが入っていました。
v3.0.0は@useをコンパイルできません。

現時点の最新はv5.4.0です。

これからLive Sass Compilerをインストールする方もご注意ください。検索で複数出てきます。

瀬戸内に浮かぶ島々の一つ生名島(いきなじま)のにあるキャンプ場。サウンド波間田(はかんだ)キャンプ場のサイトから予約ができるようになりました。シャワーなどの施設もあります。さらに、そして嬉しいのはキャンプ場内でWifiが使えること。おすすめは地元産のレモンポークやかんきつ&ジビエのBBQ。
しまなみ海道は人気スポットですが、こちらは船に乗らないと行けません。その分自然の中でのんびりできます。しまなみ方面に行かれるなら少し足を延ばしてみてはいかがでしょう?

イラストやマンガ、キャラクターデザイン、テキスタイルデザインでおなじみのイラストレータナコさん。そんなナコさんのポートフォリオサイトがオープンしました。
このサイトでお仕事を受け付けています。みなさまからのお仕事のお問い合わせ・ご依頼をお待ちしています。